welcome to...Akihiko HIYOSHI's Duce h.p...






  も く じ

INFO & What's New

SNS
Who's Who? Duce h.p...

Duce. h.p...へようこそ


このページは、日吉昭彦のホームページです。
(ひよしあきひこ/HIYOSHI Akihiko)

 このホームページは、日吉昭彦の研究発表をテーマにしているものです。

 文教大学 情報学部 広報学科&メディア表現学科(@湘南キャンパス)の教員として、実証的な社会調査の方法を用いた、社会学的アプローチによる、マス・コミュニケーション論、メディア及びメディア文化論、社会調査論の領域における研究を行っております。

  専門はメディアの内容分析の方法論の探求です。

 本サイトには、これまでの著作や研究発表の成果の紹介、授業やゼミの紹介、関連文献の紹介などがあります。また、そのほかにも自己紹介や、ライフワーク、趣味のページなどがございます。

 本サイトを研究・教育、そして市民社会の発展のためにご利用いただければ幸いです。また、お気軽にご意見・ご感想を、フィードバック欄やメール、BBSなどに、いただければ幸いです。リンクはフリーです。ご利用の際は御一報ください。

R&D, Educational Mission

  メディアの内容分析の方法論



  「内なる国際化」時代の社会変動とマス・コミュニケーションの役割および機能


 メディアの文化多様性と異文化表象

  外国人コミュニティとエスニック・メディア



文教大学情報学部広報学科
&メディア表現学科 日吉研究室

研究室のFacebookページです。研究室のニュースやゼミ紹介、授業紹介などのコンテンツがあります。



研究室だより:room 5405・・・・日吉研究室のウェブサイトです。ゼミナール活動の紹介、担当授業や委員会活動の紹介などがあります。



社会調査 報告書・・・・社会調査V&メディア調査研究法V(総合演習)の報告書集のページです。


D u c e

これまでの研究リスト



小さな履歴書



過去のシラバスと非常勤講師



社会活動など調査プロジェクト




recent Publications
File [記事] 「テレビの中のダイバーシティ 〜そのルーツと現況〜」、GALAC、2017年10月号

「◆特集◆放送界のダイバーシティを検証する」に掲載された記事です。2020年東京オリンピックを控え、放送界ではどのようにダイバーシティに向き合うのか。現場からの声や放送局アンケートなどなどで構成された特集。私は、内容分析研究の歴史の点から、テレビの中のダイバーシティというテーマが生まれてくる背景を記事にしました。


File [報告書] 2016年度 日吉ゼミナール受講生著、「巡島 〜佐渡に逢う」、文教大学 情報学部 メディア表現学科 日吉研究室編, 2016年3月

3年次のゼミナールの受講生による共同研究の報告書です。佐渡のツーリズムにおいて進みつつある現代的なDMO(Domestic Management Orgnization)の現状を取材したフィールドワーク記録です。佐渡市役所、佐渡市観光協会、佐渡金山、トキ保護センター、トキの森公園、佐渡金山、佐渡汽船への取材を通じて、佐渡観光の現状に迫ります。大学生の視点から作った佐渡観光マップの付録付です。


File [学会発表] Masaki, NAKA, Akihiko, HIYOSHI, Naomi, KOBAYASHI "A Quantitative and Qualitative Analysis of Japanese Television News Coverage during the London Olympics Period: A Comparison with the Beijing Olympic Period", EASM(European Association for Sport Management) 23rd Conference, Ireland, AVIVA studium, Sep. 2015

File [単著] 「多チャンネル状況下の放送の「多様性」と質的評価 〜地上波放送、BS、CS放送の内容分析調査と映像評価尺度を用いた考察〜」、情報研究, 第51号、2014年7月

放送番組の質的評価に関する調査研究報告です。調査は、2011年に行われた放送の多様性を検討する内容調査に伴って行われたものです。内容分析のために収集したサンプルからCM等を除外した1704の映像サンプルを対象に、関心の高さや継続視聴の希望、映像の制作レベルの質の高さの評価など、17つの段階評定尺度を用いて、質的評価の調査を行いました。CSの番組などを含めた多チャンネル状況下の放送コンテンツを対象とした質的評価の調査は、これまで全く行われていなかったと思われますので、この部分は、本研究の一つの特徴になっています。






→ これまで執筆した論文、出版物、発表の記録等はコチラ


New Informations

File

 

→ これまでの発表等はコチラ


文 献 紹 介


→ メディアの「人種/外国人/エスニシティ」のイメージや表現に関する研究を中心に文献を紹介しています。内容分析による研究文献が充実しています。研究のお供に!
contact to Author



CONTACT

E-mail


 hiyoshi☆shonan.bunkyo.ac.jp
  (☆を@に変えてください)

Interactive

File blog: 元フリーター、家を買う。

久々のプライベートな話題でブログ再開。注文建築で建設中の我が家を実況します。思えば7年前の33歳のフリーター時代は、持ち家なんて夢の夢でした。元フリーター、家を買う。夢を買う。

File
[引用していただきました。ありがとうございます]

- 西田 善行(2017)「放送アーカイブ研究におけるメタデータ活用の試み : 震災報道アーカイブ研究から (特集 震災映像アーカイブを用いた研究の可能性と課題)」社会技術研究論文集ジャーナリズム&メディア : 新聞学研究所紀要 (10), 79-94

- 千葉 涼(2016)「量的内容分析におけるマルチカウントデータに対する信頼性検定」早稲田政治公法研究 (111), 1-16

- 美根慶樹・古城佳子・西村もも子(2014)「企業と国際関係 〜日韓関係から見た企業とソフト・パワー」キャノングローバル戦略研究所 報告書

- Battilana, Sara(2011)「La pubblicita televisiva in Giappone e in Occidente Analisi e confronto tra metodi comunicativi」、 Universita Ca' Foscari Venezia

- 中島達雄(2010)「原子力報道にみるマスメディア間の相互作用とその要因の分析」社会技術研究論文集、vol.7

- 山本佳世子、亀山秀雄(2010)「産学官連携に関する産業専門紙の記事分析」産学連携学、vol.7、No.1

 → 全部、見る




Duce h.p... | All Files Copy Rights 1996-2014 | Akihiko HIYOSHI All Rights Reserved | LINK Free
乱・落丁ウェッブはお取替えいたします。 無断転用・利用ヲ禁ズ